2007年05月15日

ピクトベア

ピクトベアとは

ピクトベアとはweb用のイラストを描くためのペイントソフトです。

ピクトベアは使い勝手のよいフリーソフトとしてかなり大人気です。

ピクトベアのブラシを配布するサイトやピクトベア 講座サイト、ピクトベア使い方に関してのサイトなどあります。

ピクトベアを使用するには全てのフィルタ(使用可能なPixiaフィルタを含む)のインストールが必要ですので、使用前にはご注意を。

ピクトベア【はじめての PictBear】PictBear Second Editionのような参考書にも詳しく解説されていますよ。P

ictBearの使い方を覚えながら、楽しくピクトベア画像編集の基本をマスターできるようになれます。


ピクトベア ブラシ

ピクトベア ブラシの使い方のちょっとしたテクニックをご紹介します。

〜ピクトベア ブラシ使い方〜

ピクトベア ブラシ使い方@読み込む 様々なブラシがサイトで無料配布されていますので、またお時間のあるときにでもいろいろ探検してみてくださいね。

ピクトベア ブラシ使い方Aそこでダウンロードしたzipファイルを解凍すると出てくる○○.pbxファイルをピクトベアで読みます。

ピクトベア ブラシ使い方Bイメージ→イメージタイプと押していき、グレースケールになってる事を確認します。

追加パレットのスクロールバーを下げていくと、一番最後のブラシを右クリックしますと、「アクティブイメージから追加」というボタンがアクティブになっていることが確認できると思います。追加します。

ピクトベア サイズを自由に変更できるようになっています。 そのサイズ変更したい場合ですが、イメージ→イメージのリサイズをクリックします。そして追加します。


ピクトベア 講座

ピクトベア 講座ということで少し加工するテクニックをご紹介します。初級者から上級者の方まで、色々試して見ましょう!いろんなピクトベア 加工の仕方もあるので、是非試してみてくださいね。

【ピクトベア 加工講座@透かした文字】文字レイヤーの不透明度を操作できるパネルがありますを不透明度変更することで、背景が透けて見える「透かし文字」にすることが出来ます。

【ピクトベア 加工講座A発光する文字】文字部分が僅かに発光したような効果が得られます。文字レイヤーにはモードパレットがあります。描画モードを「オーバーレイ」に変更してみましょう。また、少しぼかしを入れると柔らかく光っているような感じになります。文字の色を薄めの色を加えてあげると尚良いでしょう。

【ピクトベア 加工講座Bネガ反転させた文字】先ほど変更した文字レイヤーのモードパレットの文字レイヤーの描画モードを「差の絶対値」に変更します。文字の色を色々と変更してみると、ネガのような反転させた感じになります。


ピクトベア ダウンロード

ピクトベア ダウンロードは公式ホームページhttp://sleipnir.pos.to/software/pbse/でできますよ。

ペイントソフトウェア ピクトベアの特徴について ピクトベアはフリーソフトウェアです。

ピクトベアをダウンロード インストールすることによって、多種多様ななカスタマイズ機能はもちろんのこと。

ピクトベアは本格的なレイヤー機能が充実しています。 GIF/PNG/JPEG の読み書きをサポートしているところがとてもフリーソフトとは思えないですね。

ピクトベアは様々なイメージタイプをサポートしています。

フィルタはフィルタプラグインで拡張可能になっています。

あなたのオリジナルカスタムもできます。対応フォーマットはプラグインで拡張可能です。 処理の自動化を行うスクリプト機能まで充実しています。 使いやすいパレット管理できます。 癖の無い UI で簡単に使用可能です。

ピクトベアは本当に多機能なフリーソフトなので、1度お試しくださいね。無料ですし。
posted by ピクトベア 加工講座 ブラシ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41833068

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。